一期一会トータルケア株式会社

一期一会トータルケアは、心の読解力とおもてなし力で福祉サービスを創造し、新しい介護の道を構築します

0547545617

スタッフブログ

一期一会トータルケア > スタッフブログ > リハビリと機能訓練の違い

2013.07.19
リハビリと機能訓練の違い

「デイサービスで提供されるサービスは、リハビリではなく機能訓練と表現してください。」
行政指導でこんなことを言われることがあるようです。
どうでもいいことですが・・・。
リハビリと機能訓練の違いを少し掘り下げて見ました。
わずかな時間で学びざっくりまとめましたので、取りこぼしもあると思います。
一期一会のボヤキ程度でご参照を!!

リハビリを訳すと Re(再び) habilis(人間にふさわしい)だそうです。
リハビリとは「全人的復権が目的です。」等と良く聞きますが、まとめるところ、人間らしく生きる権利の回復という語源に由来しているようです。

では、機能訓練とは何でしょうか。
介護保険開始後に築かれた概念でしょうか、調べてもなかなかピンと来るものがありません。
エビデンスに基づいて、リハビリと機能訓練を整理し前提としてみます。

リハビリテーションとは!!!
医師の指示に基づき、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師という専門職員の行う、機能の維持・回復を目的とする訓練のこと。

機能訓練とは!!!
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師等(機能訓練員と呼ぶ)が主に行う機能の改善・減退防止を目的とする訓練のこと。

いかかでしょうか。
似たり寄ったりですが、若干、違いがありますね。

リハビリから整理しますが、原則「医師の指示に基づき」という条件があり、それに従い実施できる職種が定められています。目的は、機能の維持と回復にあります。
追加情報として上記条件でリハビリを実施する看護師以外の他職種のことをセラピストと呼ぶことが一般的のようです。

次に機能訓練ですが、医師の指示といった実施条件はなく、定められた職種の者が中心となり実施とあります。「定められた職の者が中心に・・・。」ですから介護職にも実施が認められています。目的は、機能の改善・減退防止なので回復という概念より、維持、予防的な姿勢を強調しています。

どうでもいいと思えるようなことを読み深めて解ることは、一般的な認知度の高いリハビリと呼ばれるものは、専門職が実施するに際しては、「医師の指示に基づき」という条件があり、医師の指示のもと、実施できる手技・行為が存在することを明確にしています。
その行為とは何だろうと更に知りたい欲求が働きましたが、不透明と言いますか、区分けすることの無意味さを感じてきていしまいましたのでここまでで留めました。

中途半端ながら整理すると、医師の指示のもと実施される行為は全て、療法すなわち、治し方であり、医療リハビリとなります。

話しを冒頭に戻しますと、行政指導は、介護保険の施行に際し、それ以外の行為のリハビリを機能訓練としたように思いますが、三好春樹さんが言い始めた生活リハビリが有名になりすぎて、介護の世界でも機能訓練のことをリハビリと呼び始めたのでしょう。

まあ、現場単位で見ますと、これらの問題はさほど深い意味や影響を持たず、実際に医療現場で行われるリハビリや介護現場で医師の指示のもと行われるリハビリと介護現場で行われる機能訓練や介護には、重なる部分が多くあります。
ICFの概念が広がったことによる影響や機能改善を具体的に展開する介護力の向上なんて言っちゃいたいところですが・・・。

とにかく、実施の段階では、安心・安全のリスクマネジメントが絶対条件であり、法的整理もしなければなりません。
そのことを抑えながら、医療と介護、他職種が連携を図り、シンプルに良いサービスを提供できたら、素敵だな、面白いなと常々思います。

介護職員初任者研修のご案内

ご利用料金 各種ご利用料金をご案内します。

ご利用相談 はじめての方にもわかりやすくご説明いたします。

苦情受付

空き情報

ご不明な点、ご要望について

施設の概要やご利用に関するご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。また、一期一会の事業に関するご質問もこちらからお受けいたしております。

お問い合わせ番号
0547545617

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ