一期一会トータルケア株式会社

一期一会トータルケアは、心の読解力とおもてなし力で福祉サービスを創造し、新しい介護の道を構築します

0547545617

スタッフブログ

2018.12.04
聴く技術🎵

聴く

聴く❷

血液型と性格との相関は、科学的に否定されている。
でも、多くの日本人は、それを認めていないようである。

何故、認めていないと言えるのか。
血液と性格の相関を題材にした書籍がベストセラーになっている事を一応の根拠としておく。

血液型と性格が、何の因果もない事を個人的に知ったのは今から15年程前の事である。

しかし、血液型で性格分類する文化の育みが、ハイチューガムのコマーシャルを始点としている事は、昨日のテレビ番組で初めて知った。

へぇ~。と思わず好奇心を刺激されてしまった。

因みに番組に出演していた芸人の陣内智則は、A型だと思って生きてきたが、33歳時に検査した結果O型である事が判明した。

父親にお前はA型だと言われて育った陣内は、検査結果を受けて父親にしっかりと検査をしたのか尋ねた。
結果、あっさりとしていないとの返答であった。

33歳までA型だと思い生きてきた陣内は、俗に言うA型っぽい性格という自覚らしい。
視聴者からしても几帳面そうなイメージを抱かないだろうか。

私は、そう思う。

同じく番組に出演していた社会心理学者によるところ、性格は思い込みの影響がとても大きいようである。

思い込みというのは決して悪い事ばかりではない。

例えば信念、覚悟、使命感、責任感、これらの思い込みは、人生にポジティブな影響を与えやすい。

一方で劣等感、コンプレックス、自己否定感などは、ネガティブな思い込みと言えるだろう。

思い込みは、自己を操作するに多大な影響を与える。
どうせなら良い影響を与え、自己操作を容易でハッピーにしよう。

さて、本題に移るが、毎年恒例の人事考課の時期を迎えると人を評価する立場として介護福祉系の仕事の役割って何だろうといつもより、より丁寧に考察する。

介護系の職種は多数存在する。
介護福祉士、看護師、社会福祉士、介護支援専門員、作業療法士、理学療法士etc

それぞれに固有名詞があるだけに専門性もあるわけなのだが、「福祉」という軸でどの職種も繋がり、福祉という舞台で仕事をしているわけだから求められる役割上、共通して持つべき技術があると個人的には考えている。

その技術とは何か。

それは「聴く」という技術だと考えている。

聴くという技術は何の為に発揮するのか。
それは、お客様の要望と「ニーズ」を知る為である。

この聴くがかなり奥深い。

聴けてるつもりって事が良くある。
つまり、聴く側の思い込みである。

思い込みであった事は大体、後々気づく事になる。
プライドの高い者は、その事実が素直に認められない。

技術というのは、失敗を失敗と認め、成長に繋げていく事で磨かれる。
だから、恥ずべきことではないのだが・・・。

そもそも聴くとはどういう事なのか。
受け身になって聞くことは「聴くこと」ではない。
聴くとは、相手が何を伝えたいんだろうと積極的に向かう姿勢である

言葉は表面的でしかない事も多い。
だから、聴く技術を有するものは、相手に丁寧に確認する。

◯◯という事ですか。こういう事でよろしいですか。等と・・・。

また、聴く技術を有する者は、様々な質問をする。
聴き上手とは、質問上手とも言える。

聴く技術は、人間関係を良好にする手段である。
従い、対お客様だけではなく、職員同士の関係性も良好にする技術と言える。

聴く技術は、互いに発揮してこそ効果が増す。

お客様、職員、先輩、新人、上司、部下。皆、レッテルを外せばただの人である。
人間である。

与える一方の無償の愛は、美徳であるが、簡単ではない。
自分が与え続けることを想像してほしい。

多くの人がいずれ疲れてしまうであろう。

だから、聴き合う事が大事なのである。

「わかってほしい」「認めて欲しい」これは人の自然な欲求である。
だから、否定されるべきものではない。

ただ、欲求に対し理性は「聴く」である。
人は、理性という恵みを持つ生き物である。

大体の問題は、感情より理性で解決される。

「聴く姿勢」と「聴く姿勢」で向き合えば、気持ちはわかりあえるものであり、人間関係は良好なものになる。

片方ではダメ。双方のアプローチが必要。
片方が頑固な時は、片方から解きほぐす。

もう片方がいつまでたっても頑固の甘ったれの時は、その関係を割り切らなければならなくなる。

それはとっても寂しい事である。

願わくば「聴く」という技術を存分に磨き、良き関係のもと良き仕事をしたいものである。

介護職員初任者研修のご案内

ご利用料金 各種ご利用料金をご案内します。

ご利用相談 はじめての方にもわかりやすくご説明いたします。

苦情受付

空き情報

ご不明な点、ご要望について

施設の概要やご利用に関するご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。また、一期一会の事業に関するご質問もこちらからお受けいたしております。

お問い合わせ番号
0547545617

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ